お知らせ

参加者募集 もりや市民大学 公開講座

「人口減少時代のまちづくり」

人口減少社会では、量ではなく地域の質を高めることが重要。小さくても「持続可能な社会」を作る、そのためには多様な市民による対話が必要です。「こんなことがしたい」「こんな暮らしがいい」市民一人一人の思いから出発したとき、「『経済成長=国民の幸せ』という公式とは異なる豊かさが見えてくるはず」と語る福嶋氏。
我孫子市長、消費者庁長官を歴任し、現在中央学院大学で教授を務める同氏の講演をぜひお聞きください。

 

●日時 2022年7月31日(日)10:30~12:00 (開場10:00)    
●会場 市民交流プラザ 守谷市民ギャラリー
●講師 福嶋 浩彦氏 (ふくしま ひろひこ)
     中央学院大学教授、元我孫子市長、元消費者庁長官
●参加費 無料
●定員 先着45人
●申込方法 6月17日(金)から7月27日(水)に電話または市民活動支援センター窓口で
       申し込む
●申込・問合先 市民活動支援センター ☎46-3370

参加者募集 もりや市民大学 公開講座

「いま話題のカーボンニュートラルを語る! それは何? 守谷市民にできることとは?」

⇒終了

「持続可能な森林管理」で東京大学博士号を取り、林野庁や森林総合研究所などを経て、産・官・学・民間の最新情報交流に貢献している藤原敬氏は、守谷市の森林面積がたった5%しかない、というネット上のデータに疑問を持ち、現地を視察しました。
そして何を発見したか、また、「近いところの森林の木を使うと、良いことがたくさんある」と語る藤原氏の講演をぜひお聞きください。

 

●日時 2022年6月19日(日)10:30~12:00 (開場10:00)    
●会場 市民交流プラザ 守谷市民ギャラリー
●講師 藤原 敬氏 (ふじわら たかし)
             一般社団法人ウッドマイルズフォーラム 理事長
             一般財団法人林業経済研究所 フェロー研究員
●参加費 無料
●定員 先着45人
●申込方法 5月17日(火)から6月15日(水)に電話または市民活動支援センター窓口で
                    申し込む
●申込・問合先 市民活動支援センター ☎46-3370

2022年度もりや市民大学学生募集⇒終了

2022年度もりや市民大学の学生募集が始まりました。

【募集期間】2022年4月8日~5月10日
【募集コース】
・守谷を知るコース
・いきいきシニアコース
・まちづくり協議会コース
・市民科学ゼミ(2022年度新設、研究テーマ:守谷ファンを殖やす研究)
【受講期間】2022年6月~2023年3月
【募集案内】2022年度もりや市民大学募集案内.pdf
【募集期間】2022年4月8日~5月10日

※各コースの詳細はこのHPの「コース案内」ページをご覧ください。
※HPからの受講申し込みは「受講申し込み」ページからお願いします。

研究員募集!!「新開設 もりや市民大学市民科学ゼミ」で研究しませんか?⇒終了

市民科学ゼミは私たちの身近な課題からテーマを選び、教官の指導を受けながら自主的に調査研究を進めるコースです。

テーマ:守谷ファンを増やす研究 

今、地方創成の取り組みの一つとして「関係人口」という考え方が注目されています。関係人口とは、居住・移住まではしないが、特定の地域に興味・関心を持ち、そこに関わりたいと想う人(いわゆるファン)を指します。このようなことにどのようなかかわり方ができるのか?何をすべきか?などを研究します。

★研究会の方法
  期間:2年、研究会を月2回程度開催、ZOOMを活用したオンライン研究会も併用の予定です。
  最終的に事業企画書を作成していただきます。 

★参加費:無料
★定員:10名
★市外の方も参加可
★指導教官
 伊藤哲司(茨城大学人文社会学部教授)
★申し込み期間:2022年4月8日~5月10日
★申し込み:このHPの「受講申し込み」ページからお申込みください。
★問い合わせ:このHPの「お問い合わせ」ページから問い合わせください。

運営委員募集⇒終了

2022年度のもりや市民大学運営委員の募集が始まりました。
今回は特に情報発信の得意な方が応募されることを期待しています。
市民大学の情報発信力を強化し、HPでのブログの発信やSNS連携を行い、地域の人たちに市民大学の様子をお伝えしたいと考えています。

新着情報
RSS2.0
暑い日が続く中、第2回の講座が開催されました。   「まちづくり協議会イントロダクション・後半」 まちづくり協議会の課題と今後の展望を各まちづくり協議会メンバーがパネルディスカッション。 9つあるまちづくり協議会から5つの地区の代表者が各まちづくり協議会のお話を聞かせてくれました。     ★高野地区まちづくり協議会 高野、鈴塚、乙子、松ヶ丘、けやき台、美園 (ジョイフル本田や西友楽市あたりを中心とした地区)   今年の主な活動は福祉や防犯、グランドゴルフや健康講座を開催。 ゴールデンウィーク前後には遊歩道や公園に鯉のぼりを飾っており住民に好評です。 利根川沿いの河川敷に彼岸花や花桃を植えて雑草・倒木の除去なども行なっています。 地域の課題を解決するためにプロジェクト毎の活動から地区毎の活動に変えて行くそう。     ★守谷B地区まちづくりふれあい会 岩町、原、岩東町、北園、大原、清水、原本町、栄町、松並青葉東、松並青葉西、レーベン守谷松並 (守谷駅周辺)   昔ながらの地域と新しく転入してきた地域で構成されているため、年齢差があります。 去年、防災防犯チームと親睦交流チームに分けて活動し、あいさつ運動や地区敬老行...
長寿時代の豊かな豊かなシニアライフを考える ~自分らしい第2、第3ステージの生き方~     第2回目は前回の振り返りと、自分らしく豊かなシニアライフを送るための目標設定をしました。 まず、4つの生きがいマップについて教室学生はペアで話し合い、会場での講義に参加できないオンライン学生は、オンライン学生同士のグループラインで話し合いをされました。 4つの生きがいマップとは、第1回の講座で書き出した以下の項目です。 ・好きなこと(どんなところが好きなのか) ・得意なこと(なぜ得意なのか) ・必要とされていること(誰の役に立てるのか) ・有償・無償で仕事になること(何ができるのか)     自分の生きがいマップを書くことで自分の在り方・価値観・特長が確認できて「生きがい=生きるはりあい」をつかむ手がかりになり、「生きがい=生きるはりあい」がある人は約2.4倍アルツハイマー型認知症になりにくいというデータもあるそうです。 また、自分を取り巻く環境や関係者とのつながりや関係性(無形資産)を改めて考えてみることは、自分らしい生き方の実現になるとのこと。     講師の須賀先生は、「豊かなシニアライフ宣言(目標設定)をす...
06/26
友の会ニュース
はじめまして。 「もりや市民大学友の会」は、会員同志の親睦を深め、もりや市民大学の運営を支援し、もって地域の発展に寄与することを目的とし(友の会会則第2条) 受講生、修了生、聴講生、運営委員、講師など、もりや市民大学に関わりのあった者で、会の目的に賛同する者を対象としています(友の会会則第4条) これから「友の会だより」をこのブログでも発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。   2022年友の会だより6月No27 .pdf
先日の公開講座の裏話です!   講師の藤原敬先生は、宮﨑学長のご友人だそうです♪ 学生時代は、東京大学農学部に所属し、森を育てる側と、切り開いて開発を進める側で 対立関係であったとか、、、 久しぶりに再会され、今回の講座が叶ったそうです。   講座は、3部構成で話が展開していました。 参加者の皆さんに藤原先生からのご質問!! 「どの話題に興味がありますか?」 1、カーボンニュートラルについて 2、森林や木材の役割 3、地球環境問題へ守谷市民のできることとは? 今回の参加者は、「1」と「3」が多かったです。 ちなみに、松丸市長は「3」に手を挙げられていました。 (まあ、そうですよね!!)   今回の松丸市長のご参加は、公務ではなく、ご本人のご希望で参加されていたようです! 藤原先生から参加者へ「守谷市のカーボンゼロシティの取り組みなどを知っている方?」の ご質問には、2割くらいの方のみ手が挙がっていました。 その後の市長のご挨拶では、 「守谷市の緑をいかに守っていくか?活動内容をもっと発信し(反省。。。)、市民と一緒に活動を進めていきたい!」 とのお言葉がありました!     守谷市民としては、グリーンビールを食し...
06/22
学園ニュース
公開講座 カーボンニュートラルを語る 前日より準備が始まり、19日は日曜日の午前中より沢山の方にお集まり頂き、 公開講座が開講されました。 [持続可能な森林管理]で東京大学博士号を取られた、藤原敬氏を講師に迎え、'カーボンニュートラルな社会と森林や木材の役割-地球環境問題へ守谷市民の出来ることは?'というタイムリーな話題で講義をして頂きました。   本日の講座では、松丸修久市長が聴講されました。最後には守谷市での取り組みについて、グリーンインフラ大臣賞守谷市(守谷市の土地の利用と市民と森林のかかわり)、東京ガス、東部ガスとの包括連携協定の締結、など貴重なお話しを頂きました。https://www.city.moriya.ibaraki.jp/smph/shikumi/project/zero-carbon/kyoutei_nuetral.html 筆者の個人的関心では、身近で、守谷小学校新校舎建設で75%で木が使われた事、木材利用が温暖化緩和機能だけでなく、たくさんのよいことが、という点でした。    
守谷を知るコースが先週始まりました。 教室受講とオンライン受講に分かれており、オンラインはzoomにて参加です。   第一回目は守谷市商工会による「守谷市商工会の活動」 小川会長をははじめ、9名の職員さんが来てくださるというスペシャルな講座になりました。 まずは小川会長よりあいさつと商工会ついてのお話。 小規模事業者が集まっている商工会はずっと数が増え続けており、今は900を超えているそうです。     商工会の業務についてさらに詳しく分かりやすくお話していただきました。 商工会は「まちのお医者さん」、資金繰りや補助金、帳簿の付け方など会員の悩みや困り事の相談乗ってくれます。 またここ数年はコロナ禍で開催されていませんが、守谷市商工まつりは毎年来場者が多い人気イベント。 アサヒビアステーションなど飲食だけでなく、ステージで発表される子供達の演奏やソーラン節は守谷の初秋の風物詩ですね。来年こそ開催されることを望みます!     続いて商工会青年部の活動について 年齢制限があり45歳までの会員で活動しています。 守谷将門がぶりメンチの開発や商工まつりの出店、守谷灼熱の雪合戦などイベントの他 ゴミ拾いや災害ボランティ...
  「長寿時代の豊かなシニアライフを考える」 ~自分らしい第2、第3ステージの生き方~ 今回は「①自分らしさを探求する」がテーマです。        初めて市民大学の講座を受講される方が多く、まず最初にそれぞれの自己紹介からスタートし、 その後3~4人のグループに分かれて「最近あった小さな幸せ」を披露しあいました。       この講座は講師からの一方的な情報伝達ではなく、学生自らが自分の人生を振り返り、これからの生き方の指針を見つけることを目指しています。 今後の講座内容が楽しみです。    
各コースの講座が始まりました。   もりや市民大学の運営一年生の私は何もかもが初めてです。 年齢はフレッシュではないけど、気持ちはフレッシュに! 私自身の感想も交えながら講義のリポートをしていきたいと思います。   まちづくり協議会コースは、 まちづくり協議会とは何か?現状はどうなってるのか?活動推進のためのヒントを学ぶ講座です。   今回の講座は「まちづくり協議会イントロダクション」 まちづくり協議会と地域福祉について市役所の担当者がお話を聞かせてくれました。       最初は「まちづくり協議会の概要」を市民協働推進課の高橋さんがお話をしてくれました。 4+1の「もりやビジョン」の中に入っているまちづくり。 地区によって年齢や人口数が違うので各地区に合った課題や行政サービスを市民も協力してやっていこう、新たな活動や充実した活動をまちづくり協議会に求めているそうです。 市内には地区ごとにまちづくり協議会があり、現在は9つも設立されて活動しています。 市民でありながらまちづくり協議会が各地区にあることを知らなかったので、とても興味深く聞いていました。     各まちづくり協議会の活動をいくつか上げてみますと… 子...
「人口減少時代のまちづくり」 人口減少社会では、量ではなく地域の質を高めることが重要。小さくても「持続可能な社会」を作る、そのためには多様な市民による対話が必要です。「こんなことがしたい」「こんな暮らしがいい」市民一人一人の思いから出発したとき、「『経済成長=国民の幸せ』という公式とは異なる豊かさが見えてくるはず」と語る福嶋氏。我孫子市長、消費者庁長官を歴任し、現在中央学院大学で教授を務める同氏の講演をぜひお聞きください。   ●日時 2022年7月31日(日)10:30~12:00 (開場10:00)    ●会場 市民交流プラザ 守谷市民ギャラリー●講師 福嶋 浩彦氏 (ふくしま ひろひこ)     中央学院大学教授、元我孫子市長、元消費者庁長官●参加費 無料●定員 先着45人●申込方法 6月17日(金)から7月27日(水)に電話または市民活動支援センター窓口で       申し込む●申込・問合先 市民活動支援センター ☎46-3370
06/13
学長ブログ
 6月4日(土)守谷市中央公民館講堂にて、2022年度もりや市民大学開講式が挙行されました。2019年度通常開講、2020年度全面中止、2021年度ハイブリッド方式の開講、これらの特別体制を経て、今年度もハイブリッド方式の開講となりました。公開講座を除く4コース定員65名にて募集した結果、申込者数79名(延べ人数)となり、入学者数の調整が必要となりました。    定員超過に対する公平な対処方法としては、「先着順」「抽選」などが普通であり、もりや市民大学でも「抽選」を準備していました。ところが、思わぬ問題が発生しました。それは、ハイブリッド方式(教室対面受講とオンライン受講の混合)特有の問題でした。教室対面式の人数制限は新型コロナ感染対策上の制約なので、破ることができません。一方、オンライン方式は人数を増やしても特段の問題は生じませんので、申込者数超過のために抽選漏れとなった方々に「オンラインならどうぞ」とお誘いすることができるのです。    ここで2つの問題が生じました。①オンライン方式で受講することが可能な方と不可能な方がおられること、②校外授業や施設利用授業では定員以上の人数を受け入れられないこと、です。この2...
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}