新着情報
RSS2.0
「糀と発酵」糀を体に取り入れて腸を活性させよう 古来から日本人の食を支えてきた「糀」による発酵食品は、我々に身近な食品です。「糀」を知って、体に取り入れて、腸活でさらに健やかに暮らしませんか。 ●日 時 令和6年1月28日(日)10:30~12:00/ 10:00 開場●場 所 守谷市市民交流プラザ市民ギャラリー(守谷市御所ケ丘5-25-1)●定 員 80人 ※超過の場合抽選●参加費 無料●対 象 市内在住・在勤・在学の方●講 師 大瀬由生子氏(一般社団法人日本糀文化協会・代表理事、料理研究家)●申込方法 令和6年1月23日(火)までに申し込みフォームまたは窓口で申し込む●申込・問合せ先 守谷市民活動支援センター ☎0297-46-3370 ★保育ルーム(無料) 市内在住の生後6カ月以上の未就学児が対象です。
12/04
学園ニュース
今回の守谷を知るコースは校外授業。 「学校給食センター見学と検食」   子供達がお世話になった守谷の給食センターに行ってきました。 受付にて健康チェックと検温をしてからセンター内に入ります。   歓迎のプレートが!嬉しいですね。   講師は給食センターの貝塚センター長と栄養士の寺田さん。まずは給食センターの概要を聞いてから、実際に給食を作っているところを見学しました。   今年新しくなったばかりの給食センターはピカピカです。 給食を作る機械も最新のもので、ドライシステムや安全管理システムと衛生と安全に徹底的にこだわっています。 9つの小学校と4つの中学校で約6600食を毎日調理。 仕入れと安全と事故防止のため、3メニュー作っているそうです。 なるべく地産地消を心がけて仕入れをしていて、お米は100%守谷産。 アレルギー対応もバッチリで別の調理場で、個別に作っています。     写真はありませんが、人がすっぽり入れるほど大きな鍋では、味噌ラーメンの汁を食缶に入れている様子が見えて、匂いはしないのにとてもおいしそうでした。 違う列では、のっぺい汁を作っていて、里芋など具材を入れて大きなヘラで混ぜながらできあがりを見るこ...
「シニアの活動の場を探る」 前回に引き続き「シニアが活躍・輝くまち」と題し、守谷市役所企画課の矢崎さん、健幸長寿課の斉藤さん、そして市民協働推進課の高橋課長よりお話を伺いました。   まずシニアが活躍し輝くことができる場の事例として、以下の事例紹介があり、     いきいきシニアコースの受講生に協力の呼びかけがありました。   (1) 統計調査員について       統計調査のなかでも最も規模が大きく5年ごとに実施している「国勢調査」には、約300名の調査員が必要とのこと。     初めての方でも是非応募していただけるとありがたいとのことです。   続いて「シニアボランティアポイント制度」についてのご案内。       ●守谷市内に在住の60歳以上の方が、市内の指定された介護保険事業所や、障がいサービス事業所でボランティア活動をしていただく制度です。 ●まだスタートしたばかりの制度なので、今後は実際のボランティア活動の様子や各施設や登録者の方の声等を発信していく予定です。     次に「サロンボランティア」について。     守谷市内のサロンは31か所あるそうですが、ホームページ上では「自分の住まいの近くにどのようなサロンがあ...
                        地域防災ファシリテーター養成講座 〘地域主体の地区防災計画を学ぶ〙 皆さんの地域では地区防災計画を策定していますか? 役立つ人・資機材・施設の活用  「市町村内の一定の地区の居住者及び事業者が行う自発的な防災活動に関する計画」 講座では学生がPCでサイト「地域防災web」にアクセス、常総市の事例を検索しました。 地域と学校の連携を目的として、地域の防災上の課題や対策に関して地域の方々が作成した防災マップ(紙)を水海道の中学校の生徒らがパソコンを使ってデジタル化。 本講座4回目で共助の住民の責務(努力義務)自主防災組織のマニュアル作成の必要性を教わりました。 なかなか声を挙げてくれない要配慮者の把握や、支援方法の難しさ、など具体的な質問も出ました。 次回はワークショップで実際に防災計画を立ててみます。    
「シニアの活動の場を探る」 ~まちづくり協議会をはじめ守谷市の市民応援事業でのシニア活躍の事例を知る~第1回       今回は守谷市役所市民協働推進課の高橋課長にご担当いただきました。 まず<もりやビジョン>の中で、 「地域主導・住民主導による市民王国もりや」の実現に向けたまちづくり」の位置づけとしてまちづくり協議会があり、     守谷市でも数年後には人口減少が始まることが予想され、これからの行政運営において「あれもこれも」対応することは困難になり 「あれかこれか」という対応になります。     「まちづくり協議会」の役割としては ・住民や団体、事業者等をつなぐ役割があり、 活動としては ・地域の活性化、課題解決につながる活動の実施(防犯・防災、健康・福祉、親睦・交流の活動)です。     そして「シニアの活躍の場」として各地区協議会の活動事例が紹介されました。 が、各地区の人口に対して協議会の構成員数がどこも不足しているので、ぜひ以下の活動に力を貸していただきたいとのことです。     「まちづくり協議会」への参加から参画へ! それが「いきいきシニア王国もりや」の実現につながります。     次回は ~まちづくり...
今回の公開講座は、もりや学びの里にあるアーカススタジオで開催されました。 アーカスとはラテン語で「門」 ART+FOCUS「登竜門」ということで、今年で30年目のプログラムです。     まず ディレクターの小澤慶介さんより「アーカスプロジェクト」について案内いただきました。       守谷に滞在して創作活動をする公募制のプログラムで、これまで37か国以上の国から122名以上のアーティストが活動してきたそうです。     2023年度招聘アーチストは <スタジオ1>ローラ・クーパー(英国)       英国のバーミンガムを拠点に創作活動を行っているローラ・クーパーは、イノシシをめぐる日英の文化の差異を探り、映像を中心に作品化を試みています。   <スタジオ2>新藤冬華(日本)       北海道で開拓民の家に生まれ育った新藤は自らの背景と、守谷市とその近隣の地域にすむ人々がどのようにその地に辿り着き人生を歩んできたのかを重ね合わせ探っています、   <スタジオ3>ミロナリウ (オランダ)       オランダのロッテルダム在住でアルバニア出身のクロディアナ・ミローナと、台湾出身のユァン・チュン・リウによるアーティストデュオのミロナリウは...
11月、12月は「地域コミュニティに参加しよう」がテーマです。 今回は筑波大学助教の辻大士先生に「社会参加でいきいきシニア~“つながり”づくりで健康長寿」の演題でご講義いただきました。   世界中の30万人以上から導きだした意見をまとめた結果です。 「寿命に与える影響の強さ」で最も多い意見は何だと思いますか? 正解は、「人とのつながり」だそうです。 ちなみに下4つは、生活習慣に関係するタバコ、飲酒、運動、肥満が関係しているようです。 まさに、「人は一人では生きていけない」ということですね。 愚痴や心配事を聞いてくれたり、困ったときに手を貸してくれたり、有益な情報を提供してくれたりなど、様々な社会的サポートがあってこそ、心身共に健康で長生きできると実感できます。 ということで、日本の健康づくり施策においては、個人の健康づくりだけではなく、社会環境を整え、地域に住みながらにして、知らない間に健康になっていたという状況が作れることを理想としているようです。   社会参加することのメリットを、データを示してご説明いただきました。 スポーツや趣味、町内会では、気の合う仲間と参加するということで要介護になるリスク...
11/19
学長ブログ
 「年を取ると知らないことが増える」と思います。たとえば、テレビに登場する俳優や歌手、タレントの顔や名前ですが、以前はほとんど知っていたのに、今ではほとんど分かりません。NHK紅白歌合戦に至っては、知らない歌手オンパレードです。流行り言葉もしかり。そもそも何が流行っているかも知りません。「アッザース」が「ありがとうございます」の短縮語であると知ったのは、ずっと後のことでした。    辞書に載らない言葉も多く出回っており、なかなか確かめることができません。その中の一つに断捨離があります。広辞苑にも出てこないし、和英、英和辞典でも見つかりません。それなのに、私の周りには断捨離という言葉が普通に聞かれます。不思議に思って調べてみると、この言葉は1954年生まれのやましたひでこさんが生み出した新語だそうです。語源はヨガの「断行」「捨行」「離行」から発しているそうです。英語ではdecluttering(デクラッタリング)が該当するようですが、Web上の辞書でしか確かめることができません。    断捨離には、不要な物を捨てるだけでなく、不要なこと、つまり人間か関与する関係性を捨てることが含まれるようです。そのようにして...
地域防災ファシリテーター養成講座 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 主任研究員 工学博士 李てよん氏 <2回目 地域の災害リスクを学ぶ> <3回目 災害時と対応を学ぶ> 地域の災害危険性を知る(風水害) 記憶に新しい鬼怒川の氾濫でも、市の避難情報発表を待たずに自ら災害から命を守る行動をとる判断が必要であると学んだのではないでしょうか。 パソコンを使って学生同士で自分達の住まい守谷市のハザードマップを検索しました。災害が起きる前に自分達で地域の災害危険性を知る事が大事である。   風水害の避難は、「避難所へ行く」ことではないです。洪水ハザードマップから想定浸水深を確認し、自宅にとどまる(2階以上)、周辺の高い場所へ移動する、地域外の安全な場所へ移動することが重要です。 避難所に行けば安心? 分散避難の検討をする。 災害が起きた時に適切な行動をとるためには、今後起こる可能性のある災害で、自分がどのような影響を受けるのかをあらかじめ知り、事前に備えておくことが大切である。  皆さんも是非、お住まいの地域のハザードマップを調べてみて下さい。
11/12
学園ニュース
  「お巡りさんに聞く」 今回は取手警察署生活安全課および交通課より現役警察官の講師お二人をお招きしての講座でした。     まず茨城県でも守谷市でも窃盗犯が増えていて、今年9月までの守谷市内の窃盗犯件数は319件で、昨年より72件増加。 特に茨城県は人口10万人当たりの「自動車盗」(全国平均の約5倍)と「住宅侵入窃盗」(全国平均の約3倍)の犯罪率は全国ワースト1位という状況です。       「住宅侵入窃盗」では窓の約3割、出入り口の約4分の3が無施錠の状態で侵入されているので、外出する際はゴミ出し等の少しの時間でも確実に鍵をかけることが大切です。 また泥棒は侵入に時間がかかるのを嫌い、5分以上かかればあきらめるそうです。 窓ガラスには防犯フィルム、サッシに補助鍵等の対策をすることも必要ですね。       「自動車盗難」を防ぐには、防犯カメラや音や光を発する盗難防止装置の設置や、駐車場の扉がある場合は夜間は必ず扉を閉めカギをかけることが大切。 また車両の盗難防止装置(警報器、バー式ハンドルロック等)の設置など複数の防犯対策が必要です。     「特殊詐欺」の中で今年はパソコンのサポート詐欺が増加しており、PCがウイルス...
10/30
学園ニュース
守谷を知るコース10回目は、「もりあぐ(もりや循環型農食健協議会)」の活動。 もりあぐ代表理事の伊東さんがお話を聞かせてくれました。  もりあぐは守谷市の地産品に着目して、農作物や食品、健康を有機的につなげることで、地域資源の有効活用と持続的な地域活性化の好循環を狙っています。   もりあぐメンバーは、守谷の生産者である「大八洲開拓農業組合」や「まーの農園」、加工業の「お菓子の店メープル」、「藤井商店」、飲食店の「さくら坂VIVACE」、「ちばらぎ珈琲」など。 また、医療の「悠翔会」や「K-STYLE」など幅広い職種のメンバーです。   主な活動としては、 「グリーンツーリズム事業」 守谷の自然や街を案内して見て食べて買ってもらうツアーを開催。 畑や田んぼなど自然を感じて、守谷産の野菜を食べて、お土産も買えるという守谷を満喫出来るツアーです。  「直販販促事業」 駅前でのふるさ都市もりや朝市やさくら坂メルカートル、ふるさとみずき野朝市と地域の飲食をメインとした直売を展開。 特に第一日曜日開催の守谷駅前の朝市は80店舗を超える大規模な朝市で毎月賑わっていますね。  「商品開発・メニュー開発事業」 ほうれん草パウダーを使った...
今回の公開講座は、「漢方薬を用いた高齢者のこころとからだのケア」ということで、筑波大学人間総合科学研究科 水上勝義先生にご講演いただきました。 金木犀の香りが漂う、秋晴れのお天気の中、参加者にお集まりいただきました       まずは、漢方薬の特徴と、西洋薬の違いについて。 西洋薬は、、、検査異常を確認し、診断のもと薬を選択する。科学的根拠(エビデンス)が強い。 漢方薬は、、、症状から選択する。検査異常がない不定愁訴でも使える。ストレス関連の症状にも良い。科学的根拠(エビデンス)が弱い。 ということで、漢方薬の良いところは、身体・精神の両者の症状に適応できる。副作用で西洋薬の使用が困難な時やはっきりとした診断は出ないが何となく体がだるいというときにも適用できるということです。       いくつかの主要な漢方薬をご紹介いただき、その効果などを教えていただきました。 それにしても、漢方薬の薬名は読むの難しいですね。。。 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう):認知症患者の肺炎リスクや嚥下障害の改善効果 酸棗仁湯(さんそうにんとう):睡眠薬減量効果 人参養栄湯(にんじんようえいとう):認知機能とうつ改善効果 薬の...
「植物と暮らす」の第二回目は「園芸植物の種類や求め方」と題し、ジョイフル本田さんでの校外授業で、 前回同様アドバイザーの塚田さんより、実際にジョイフル本田さんの店頭で現物を見ながらお話を伺いました。     春の球根は今が植え時で、種の情報は袋の裏に「蒔き時」や「管理の仕方」が書いてあるので、よく読んでから植えること。 そして売り場には専門のスタッフがいるので是非聞いていただきたいとのことです。     売り場に入って一番目立つところは現在ハロウィンの飾りつけになっていますが、イベントに合わせて変えるので来月からはXmasのモミの木でいっぱいになります。     日本の土地は酸性が多いのでブルーベリーは簡単に植えられるそう^^   そして低木のシュラブや多肉植物のセダムは暑さや乾燥に強くお手入れが簡単なので、葉色で楽しむローメンテナンス植物だそうです。      また「苗の選び方」のポイントについても伺いました。。。   さてここで質問です。 イチゴは野菜でしょうか?それとも果物でしょうか?     <答え>野菜でもあり果物でもある。 イチゴは畑にある時は野菜で、店頭に並んだときは果物だそうです(知らんかった~)   ...
地域防災ファシリテーター養成講座 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 主任研究員 工学博士 李てよん氏   5回の講座が始まりました。 1回目は防災活動の考え方を学ぶ   公助(消防、警察、自衛隊)の割合がかなり低かった事がわかる。 自主防災組織や地区防災計画を地域住民で確立することが大切である。 地域防災における「知」の共有と活用 地域の防災力を高めるには、様々な地域コミュニティの連携・協力が重要(共助) 地域と学校の連携事例(こどもの安否確認)、地元事業所の協力事例(避難所運営)のお話しがありました。  最後は、PCを使って、(防災対策・活動を支援するツール;YOU@RISK)というサイトを学生が検索しながら、守谷市の災害時状態を調べるという授業になりました。 災害が起きた時に適切な行動をとるためには、今後起こる可能性のある災害で、自分がどのような影響を受けるのかをあらかじめ知り、事前に備えておくことが大切である。 2回目はさらにPCによる演習となります。
10/16
学長ブログ
物思う秋の到来です。せっかく良い季節を迎えたので、少しじっくりと構えて、物事を深く考えてみたいのです。そう言えば、藤井聡太という稀有の棋士が登場し、まさに深く考える姿を全国に見せてくれました。将棋の盤面を睨んで長考する姿、カッコいいです。最近、めったに見ないその姿が眩しい。   一方、我が方は、当面のスケジュールをこなしてゆくことに専念しています。どちらかというと、スケジュールありきの日常が自分を支配しているようです。皆さんはいかがでしょう?スケジュールに追われてテキパキと課題に対応している自分を感じませんか?そう、「現代人はスケジュール管理のもとに生きている」と思うのです。   悲しいかな、高齢者はそのスケジュール表に沢山の病院通いが含まれていますが、これはこれで仕方のないことです。そして、そのスケジュールの中に運動や旅行が入っている場合、それなりの喜びと満足感が加わります。もりや市民大学の過去の授業によると、「運動だけに専念している人より、運動とボランティア活動の両方を行っている人の方が、健康寿命が長い」という“学説?”を何度か耳にしました。スケジュール表にそうしたバランスを持っている...
「緑を親しむ心豊かな健康ライフ」のテーマで、10月は「植物と暮らす」ということで、 ジョイフル本田のアドバイザー塚田さんにご講義いただきます。     今回は、「園芸の基礎知識と園芸植物の育て方」について、教えていただきました。 園芸植物を栽培する前の基礎知識として、植物の葉、根、茎、花(果実)のそれぞれの役割を学びました。 葉:光合成をし、養分を作る.水を吐き出すポンプの役割 根:水を集める.養分を貯蔵する 茎:根と葉をつなぐパイプ役.葉や花の基礎となる部分を作る   また、植物の家となる「土」や「肥料」についても詳しく教えていただき、いろいろな肥料をまけばよい のではなく、植物に対する理解をもっと深める必要性を学びました。   次回は、ジョイフル本田@守谷店にて校外授業です!!  
アーカスプロジェクト2023 オープンスタジオツアー ➡終了しました 2人の芸術家が現代アートのアーティスト・イン・レジデンス事業、アーカスプロジェクトで90日間の滞在制作に取り組んでいます。ローラ・クーパー(英国)は、野生のイノシシ、進藤冬華は移住をテーマに調査・制作中。ツアー形式でその成果を見学してみませんか? ●日時 11月23日(木、祝)11:00~12:00●場所 アーカススタジオ(守谷市板戸井2418 もりや学びの里)●定員 30人(市内在住・在勤・在学の方優先で申込み順)●参加費 無料●講師 小澤慶介氏(アーカスプロジェクトディレクター)●申込方法  11月22日(水)までに申込フォームまたは窓口で申込む●申込・問合先 守谷市民活動支援センター ☎46-3370 ※チラシをクリックすると申し込みができます(申込フォームが開きます)
地域住民のニーズをつかむ手法を学ぶ 第2回目は 対話的なワークショップを通して地域住民のニーズをつかむ実践を試してみましょう!                                  ワークショップでのファシリテーションのこつ ⌑ゆっくりはっきり話す。相手に自分の声を届ける。 ⌑全体に目配りをしながら、穏やかな表情で。 ⌑アイスブレーキング(解きほぐす、リラックスさせる)も必要に応じて行う。 ⌑ワークショップの目的やねらいを明確に伝える。 ⌑シェアリング(共有する)と総括をしっかり行う。 対話的なワークショップ 1.ブレインストーミング(アイデア出しのための基本的な方法)  ・思いついたことは発信してみる。  ・いけんをできるだけたくさんだす。  ・他の人の意見を否定しない。  ・建設的に発展させる意見は大歓迎。  2.KJ法 3.ワールドカフェ 今回の授業ではワールドカフェ (比較的参加人数が多くても、全員が声を発し、また多くの声が聞こえてくる方法)を体験しました。  4人のグループを4箇所つくり、まずはリーダーを決め、リーダーは固定。リーダーⓁ テーマは『守谷市のファンを増やすためには』です。 ➘   ➘   ➘   盛んな意見交換が行われま...
  新装になった守谷市保健センター栄養指導室で料理教室が開かれたので参加してきました。 最初に食生活改善推進員の澤田さんより、 3つの習慣でフレイル予防に必要な食生活を実践しよう! とのお話があり、   フレイル予防レシピとして ①塩こうじ鶏のパン粉焼き ②切り干し大根のミルク煮 ③黒ごま豆乳プリン が紹介され、2つのグループに分かれてそれぞれのメニューを作ることに。       そして今日はイギリス・ロンドンから参加したジュリーさんも、日本語レシピが読めないにも関わらず一緒にチャレンジし、 いろいろ質問をしながらメモを取っていらっしゃいました。     美味しい料理の後は「ビンゴゲーム」を楽しみ、残った食材の一部をいただいてきました。 ほとんど料理の経験のない参加者も一緒にクッキングの楽しさを味わったようです。      
09/27
学園ニュース
守谷を知るコース8回目は、芸術の秋にふさわしく音楽を楽しむ贅沢な講座になりました。  「地域に根差した音楽活動」ウィンドアンサンブル守谷のみなさんが講師です! 総勢41名と、ほぼ全員の楽団員さんが来てくださいました。   まずは、ウィンドアンサンブル守谷の歴史と活動を門池さんがお話してくださいました。   守谷で活動する吹奏楽団「ウィンドアンサンブル守谷」は今年で25周年を迎えました。 30年ほど前に児童合唱団で門池さんと管楽器を吹くお母さんとの出会いが楽団の歴史の始まりです。 吹奏楽団を立ち上げる決断をし、市役所に相談をしてポスター作成。 15人が集まり、ウィンドアンサンブル守谷が結成されたそうです。   知らない者同士がポスターだけで集まり、少しずつ増えていき、練習を重ねて、初めての演奏は北守谷公民館開館記念発表会。2002年の市制施行イベントに参加し、同年に自主コンサート・第一回定期演奏会を開催しました。  吹奏楽はさまざまなジャンルの曲を演奏できるので、クラシックや映画音楽、ジャズ、演歌、アニメソングなどなど。 大人も子供も楽しめる演奏は、各種イベントから、商業施設、老人ホーム、小学校、保育園などたくさ...
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}