top_image
Main Menu
もりや市民大学2020年度講座 休校

もりや市民大学2020年度講座は、新型コロナウィルス感染防止のため、1年間休校といたします。
本年度のカリキュラムは2021年度に実施する予定ですが、詳細は後日お知らせします。

 

フォトアルバム_ピックアップ(フォトアルバムをご覧になる方は写真をクリック)
子育て、孫育てに絵本を1 料理プログラムの進め方3(調理実習)・・・(4) 「支え合いマップ」とは何か?・・・(1) 地域でのプログラム立ち上げの行動計画作り2・・・(1)
新着_学長ブログ
  • 6月の学長ブログ(2020年06月09日)
      武漢に、朱という名前の中国人がいます。その朱さんのニュースを共同通信社の5月23日付配信で見かけました。何でも、新型コロナウイルスが広がった武漢在住の日本人が、急遽帰国する際、市当局と掛け合って輸送バスを手配し、全員が無事に飛行場まで移動できるように最大限の尽力をしてくれたと報じていました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/a8c787684840f25c8761e0df235b658c70c555a4    「おやおや?よく似た名前の人がいるな」と思いました。というのは、かつて、私が現職の大学教員だったころ、朱敦尧(ズー・ドンヤオ)という中国人留学生がいたことを思い出したからです。ニ...
  • 5月の学長ブログ(2020年05月11日)
      すでにご承知かもしれませんが、もりや市民大学は、今年1年間の休校を決めました。できるだけ同じ内容のプログラムを、来年の4月以降に開校したいと考えています。この決定につき、講義を引き受けて下さった講師の皆さん、受講を予定されていた市民の皆さんに、お詫び申し上げるとともに、ご理解のほどを宜しくお願いいたします。   さてさて、「今日の感染者数は?」が一番の関心事になりました。まず、東京都が100人以下、いやいや50人以下だと、ややほっとします。次に、茨城県内の感染者が0で留まっていると、「良かった」と思います。そういえば、守谷市は?...
  • 4月の学長ブログ(2020年04月13日)
      新聞を開く、ラジオをつける、テレビをつける、スマ―トフォンを開ける、どれをやっても、目に飛び込んでくるのは新型コロナウイルスのことばかりです。COVID-19と呼ぶ人もいますが、これはウイルスのことではなく、感染して起こす肺炎の名称だそうです。    そんな中で、読書はささやかな癒しを与えてくれます。外出を控えよ、と言われてから私が読んだ本をご紹介しましょう。図書館に依頼して半年間待ち、ようやく順番が回ってきた本、イタリア人理論物理学者カルロ・ロヴェッツリの著書「時間は存在しない」を読んでみました。タイトルに引かれて読みましたが...
学長ブログのトップへ
Copyright (C) 2012 もりや市民大学 All Rights Reserved
Theme Designed by OCEAN-NET