top_image
Main Menu
!!平成29年度前期もりや市民大学聴講生募集!!

もりや市民大学では各コース聴講が可能です。
聴講希望者は、空き状況を市民活動支援センターで電話確認し、お申込みください。(※専門コース:健康ウォーキングマスター講座、オープンコース:香りの力で心と体にやさしい健康法は聴講できません

 

市民大学フォトアルバム_ピックアップ
いつもの司会者 日本と世界の子育て事情 子どものたまり場1 修了式・・・(1)
新着_学長ブログ
  • 5月の学長ブログ(2017年05月12日)
      かつて、世阿弥の「風姿花伝」を読んだとき、深く感じるところがありました。曰く、20代の頃は何をやっても華があり、皆がほめてくれるが、慢心せずに精進することが大事で、30代こそ本当の実力を身につけるときであり、40代になると本物だけが評価されるようになり、下り坂の50代でも、本物であれば控えめに振る舞うことでそこに華がある、といった内容だったと思います。  そこで、最近の20代、30代、40代、50代以降がどんなふうに見えるか、と私自身の周りを眺めてみました。20代というと大学の学部学生や大学院生です。私が毎週講義に行っている私立大学の学生諸君で...
  • 4月の学長ブログ(2017年04月09日)
      岩波新書「シルバー・デモクラシー」―戦後世代の覚悟と責任―(寺島実郎著)という本を読みました。今年1月の出版です。本屋さんの店頭で、このタイトルに惹かれて買い求めました。    デモクラシーつまり民主主義が、なかなか良い働きをしてくれないことに、我々は皆気づいています。民主主義さえあれば平和と幸福と繁栄がもたらされる、と甘い考えを抱いていたのが、いろいろな場面で壊されています。そんなとき、シルバー限定のデモクラシーって何?と興味を持ちました。    何しろ、アメリカでトランプ大統領を選んだのも民主主義、日本で安倍首相が...
  • 3月の学長ブログ(2017年03月12日)
    3月は、卒業、修了、異動、転居など、人生の節目になる行事が集中する月です。もりや市民大学も、この3月11日をもって平成28年度の全てのコースを終了しました。    総合コース「守谷を知る」では、定員25名のところ申込者が40名に登り、全員入学を認めました。7割以上の出席をされた36人が、無事、修了証を手にしました。このコースでは、防災、医療、経済、教育、若者、JA、行政、環境、健康といった幅広い知識を習得できましたが、「ここで学んだことを、守谷の協働にどう生かすのか?」がこれからの課題です。    専門コース「コミュニティービジネス・地域課題解...
学長ブログのトップへ
Copyright (C) 2012 もりや市民大学 All Rights Reserved
Theme Designed by OCEAN-NET