top_image
Main Menu
申込ありがとうございました(5月14日)

5月10日(月)にて、2021年度コース学生募集の申込受付を締め切りました。
3コースすべての開催が決定しました。
ご応募ありがとうございました。

●申込みいただいた方へ
受講の可否に関わらず、申込者全員に文書で通知します。
なお、結果通知が5月25日(火)を過ぎても到着しない場合は、お問合せください。

●オンラインで受講する方へ
下のPDFをダウンロードしてご覧ください。
もりや市民大学オンライン学生用ガイド(5月14日) (PDF)

なお、このガイドは随時改定していきます。
市民活動支援センター窓口でもサポートを行っております。
お問合せください。

●お問合せ先
守谷市民活動支援センター
電話:0297-46-3370(10:00~18:00受付、月曜日休館)
※守谷市役所市民協働推進課でも対応します
 

フォトアルバム_ピックアップ(フォトアルバムをご覧になる方は写真をクリック)
共感する心は人間の本能2 料理プログラムの進め方3(調理実習)・・・(1) 料理プログラム地域展開の方法・・・(2) 「地域福祉計画」―住民流ならこう読む・・・(1)
新着_学長ブログ
  • 11月の学長ブログ(2021年11月14日)
     2021年8月に出版されたデジタル・ファシズム(NHK出版新書、堤未果著)を読みました。タイトルに興味を持ったからです。世の中はどんどんデジタル化が進んでいて、それに後れを取ると、何だか疎外感を持つようにならないか、といった漠然とした不安もありました。特に、高齢者はスマホ扱いやタッチパネル操作に対し、「やりにくいなー」という印象を持っていますから、さらにデジタル化が進めば、より一層取り残された感覚が強くなると思います。    そこに登場したのが、このデジタル・ファシズムという本でした。この本の特徴は、デジタル化について多くの通説、...
  • 10月の学長ブログ(2021年10月16日)
      今月は、硬いお話で恐縮です。柔らかい話をしたくても、心の余裕が出てこないと、なかなか楽しい話題で喜ぶ気分になれません。最近、心の弾力性が低下しているようで、心配です。    さて、もりや市民大学は、いま、いくつかの課題をかかえています。 第1:コロナ禍で取り組んだオンライン授業方式の今後をどうするか。 第2:新しい受講生をもっと多く受け入れるためにはどうしたらよいか。 第3:守谷市との協働のまちづくりを推進するためのプログラムをどう設計するか。 第4:運営委員の人材補強が必要になってきた。 第5:守谷市以外の在住者にも門戸を開く...
  • 9月の学長ブログ(2021年09月12日)
       緊急事態宣言が延長・続行する中、もりや市民大学の3つのコースは、工夫をしながら運営を続けています。教室参加で入学した受講生の多くの方が、必要に迫られてZoom利用のオンライン受講へと切り替える努力をしておられます。私自身は7月10日に総合コースで「守谷の土と水」という講座を担当し、この時は教室参加、オンライン参加が半分半分でした。その際、講義終盤で、「守谷の放射能汚染は、その後どうなっていますか?」とのご質問を頂きました。    そういえば、福島第一原発の事故後のセシウム137汚染については、いつの間にか情報発信が消えています...
学長ブログのトップへ
Copyright (C) 2012 もりや市民大学 All Rights Reserved
Theme Designed by OCEAN-NET