新着情報
RSS2.0
09/22
学園ニュース
すっかり秋の気配で彼岸花をあちらこちらで見かけるこの頃です。   守谷を知るコースの第8回は医療と福祉 「守谷社会福祉協議会の役割と高齢者施設の有効活用」 守谷市社会福祉協議会事務局長の横瀬さんがお話を聞かせてくれました。     社会福祉協議会とは略して「社協」と呼ばれ 市民をはじめ、福祉や保健、医療、教育などの各関係者、行政等さまざまな機関と協力し、社会福祉法に基づき設置された地域福祉活動を進める福祉団体です。 昭和45年に設立され来年は50周年、日ごろの支援感謝の意を込めて来年3月には記念大会が開催されるそうです。       主な事業としては ・高齢者の方へのサービス、事業 電話訪問や交流事業があり、遠足は抽選になるほどの人気だそうです。スポーツ大会は健康づくりを目的としてゲートボールやグランドゴルフが開催されて上位者は県大会に出場もあるとか。 またスロープ付き福祉車両や車椅子の貸し出しがあり、車両に関しては去年50件の貸し出しがあったそうです。   ・障がい者の方へのサービス、事業 福祉車両や車椅子の貸し出しのほか、毎年イオンタウンで「買ってNet!バザール」を開催。 手作り品や野菜、食品などの販売や施設紹介...
09/20
学園ニュース
今回のテーマは、「ライフストーリーインタビューの方法論と活用法」ということで、 つーラボの杉浦さんにご講義いただきました。   「ライフストーリーインタビュー」とは、対象となる人から一部の内容を切り取るのではなく、 一見関係のないように見える、その人の様々な人生の出来事の関連性(=ライフストーリー)を含めて インタビューすることで、新しい知見を見出すというものです。   人を知ること=まちを知ること 対象を知る=対象となるその人を通じて守谷を知る   ということで、この方法が、守谷ファンを増やす活動に有益ではないか?ということです 方法は、↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   ゼミ生の間でインタビュー方法を練習した後に、守谷市でキーパーソンとなる人に インタビューに行く予定です♪   ぜひ、守谷市の様々な人に、ライフストーリーをお聞きしたいです!!  
  前回のいきいきシニアコースでは「高齢者のこころの健康や老化対策としての運動効果」についての講義でしたが、今回の講義はより具体的に「楽しいウォーキングで健康づくり」と題し守谷市内のウォーキングコースのご紹介です。         守谷のウォーキングコースについては、 〇守谷市のホームページや 〇健幸ウォーキングもりやのホームページなどから入室できます。   以下のURLの「ウォーキングコース案内」からウォーキングマップが表示されますので訪問してみてください。 http://walking.moriya-ibk.com/     講座の中では以下の5つのコースタイプが紹介されました。 ・四季の里公園巡りコース ・高野、愛宕探索コース ・守谷城址公園、鳥の道コース ・プロムナード水路、松並青葉コース ・みずき野、小貝川周辺散策コース   そのあとは「宇佐美式ウォーキング」技術編として記録ビデオを視聴。   宇佐美彰朗先生はこれまでメキシコ→ミュンヘン→モントリオールオリンピックの3大会連続代表選手となられた方で、「健幸ウォーキングもりや」は宇佐美先生のもりや市民大学での講演がきっかけとなり 2017年12月に設立されたそうです。         さわやかな秋を...
09/19
友の会ニュース
  新型ウイルスの拡大を受けて、なかなか思うような活動ができない状況ですが「友の会だより9月号」(No.28) をお届けいたします。 以下のURLをクリックしてご覧下さい。   2022年友の会だより9月No28.pdf    
地域課題の発見と対応推進方法の2回目 「企画を伝える」ための考え方と技術                 情報発信、その手段と工夫を整理しよう!              ①視覚だけ(新聞・雑誌、チラシ・ポスター、webサイト) 実際のチラシを参考にふたり一組でデスカッション、学生による発表がありました。 まず気付いてもらう⇒「ジャンプ率」を意識する!                       ②聴覚だけ(ラジオ、ポットキャスト) 伝わりやすい話し方は「PREP法」が基本                                ③視覚×聴覚(テレビ、動画配信、プレゼンテーション) 「内容」や「構成」はもちろん、それに加えて大事な事 ・非言語メッセージ⇒表情、姿勢、しぐさ、視線 ・準言語メッセージ⇒声の大きさ、話す速さ、口調、滑舌 学生同士によるデスカッション(5分間)がおこなわれました。                           ②、③をふまえて学生同士スピーチ、デスカッションの後、学生によるスピーチ発表が行われました。 徳田講師の分かりやすい授業は、まさに本日学習した内容通りの伝わりやすさの実践だ...
09/13
学園ニュース
今回のテーマは、「守谷の気になるところマップづくり」第2弾です♪   伊藤先生とゼミ生4人はオンライン越しでの参加でした。   Google マップへの投稿に慣れるために、各自で気になるスポットの写真を掲載したり、 記事や感想などを書き込むことなどが宿題となっていました。 作成した内容を各自が発表し、ゼミ生間で情報交換をおこないました。    やはり、守谷市の観光スポット第1位は、ここではないでしょうか?    スーパードライはここの工場でしか作っていないとか?   その他に、ネットに載っていないレアな情報もありました。   映画「永遠の0」のラストシーンは、この歩道橋で撮影したそうです。     夕焼けがきれいなスポットのようです♪   などなど、、、、     このマップを今後どのように活用するか?の話し合いでは、 守谷市民に、おすすめのスポットを投稿していただき、市民で共有する、 ネットに載っていないレアな内容を投稿していく、 スポットを巡るもりやおすすめコース(夫婦で半日ドライブコースや 家族で1日エンジョイコースなど)を紹介するなどの意見が出ました。 ぜひ、今後も情報を増やして、活用したいですね!     
09/13
学長ブログ
  筑波山頂から東へ約7.5km離れた場所に石岡市柿岡という地名があります。さらに東へ約2㎞進むと東筑波カントリークラブというゴルフ場があります。さて、この石岡市柿岡という地名がTXや常磐線と関係が深く、しかも世界における重要拠点である、ということを知ったのはごく最近のことです。        8月28日(日)朝は生憎の雨でしたが、TX守谷駅改札口に珍しい光景がありました。小学校高学年の子供とその親15組が集合でした。目的は、もりや市民大学公開講座「学ぼう!TX講座」親子イベントへの参加でした。お父さんが多い様でした。この講座、人気が高くて、抽選で外れてしまった方も大勢でした。さて、TX講座の話の中で登場したのが石岡市柿岡です。この地に気象庁磁気観測所(海外ではKAKIOKAと呼ばれている)が設置されているそうです。   そして、講座で学んだのは、TXは秋葉原から守谷まで直流電流、守谷駅からつくば駅までは交流電流、JR常磐線は上野から藤代駅付近まで直流電流、藤代駅付近から北では交流電流で運行しているという事実でした。なぜ直流から交流に切り替えているのか、その答えは、柿岡に設置された地磁気観測器に影響を与えないためだ...
09/06
学園ニュース
9月になり涼しくなったと思いきや、暑さが戻って蒸しますね!   守谷を知るコースの第7回は「医療と福祉」 「守谷でかかりつけ医をもとう」守谷市健幸福祉部の岩瀬さんがお話を聞かせてくれました。     「まずはかかりつけ医に相談しましょう」よく聞くフレーズです。 改めて「かかりつけ医」って?と思いました。 わたし自身がありがたいことに医者にかかることがほぼなくて、病院に行ったのが数年前。 行ったのは歯医者ぐらいで、かかりつけ医がいません。   「かかりつけ医」の定義とは、 健康に関することをなんでも相談できる。 最新の情報を熟知していて必要な時は専門医を紹介してくれる。   日頃から健康相談や生活習慣病のチェックをしてくれる身近なお医者さんがいることが大事。 すぐに行けるように家からなるべく近く、話しやすく相談しやすい何でも言える先生が理想で特に内科とは決まっていないそうです。     守谷市の令和3年調査では60%の方がかかりつけ医をもっているそう。 半数以上がもっているのですね!聞いてちょっと焦ってしまいました。   もっていない場合はどうやって探したら?との話に「いばらき医療機関情報ネット」があり、ここで市町村や...
スケジュールの関係で第5回の前に第6回がありました。 今回は、3回にわたっての講座<「住民流×自助型の地域福祉」で災害時代を生き残る>最後の回でした。   「住民流×自助型で地域福祉はどう変わるか」 住民流福祉総合研究所の木原さんがお話を聞かせてくれました。       「助けられ上手になること」 周りの人たちに助けてもらうことが当たり前の環境になり〇〇をして欲しい、△△をお願いします、と自分の周りに助けを求められる人を見つけておき、いざとなったら助けてもらう。 お願いされる側は何を助ければ良いのか分からないので助けて欲しいほうが動く。 助けてもらって感謝したことをみんなに伝えるとそれが広がっていく。   助けて欲しいと言える、言われる環境になりたいなと思いました。 まずは近所の人や民生委員、福祉委員の助けなど自助エリアを作ることがよいそうです。     (オマケ)  受講生の知り合いの方が作った作品を見せてもらいました。 折り紙や巾着袋などたくさんの作品の中で思わず、懐かしい!と声に出てしまった傘の作品。 昔、チラシやタバコの空き箱で作られた傘が実家の玄関に飾られていたなあ、 ハイライトやわかばで作ってあったな...
  8月下旬になって守谷市内の小中学校はすでに新学期が始まりましたね。 今回のいきいきシニアコースは「高齢者のこころの健康や老化対策としての運動効果」と題し、 筑波大学大学院の水上先生の講義でした。 小中学生にはまだまだ早いかも知れませんが、参加した受講生にとっては「自分ごと」として大変興味深い内容でした。   まず65歳以上で介護が必要となった方の主な原因として ①認知症 ②脳血管疾患(脳卒中) ③高齢による衰弱(フレイル) などが挙げられ、75歳以上の”うつ状態”は加齢により増加するというデータもあり、特に「認知機能の低下」がある人は、その危険因子のない人に比べて約4倍ほど ”うつ状態”になりやすそうです。   そこで認知症の予防として、運動の心理学的効果が期待され、     調査によると週2~3回運動を行う者は全く運動を行わない者に比べて、抑うつ・怒り・疑い深さ・ストレスが少ないそうです。     そして運動することで認知症のリスクが低下し、少し物忘れが始まっても運動は有効とのことなので、やはり運動は大切ですね。     アメリカ国立衛生研究所が推薦する認知症予防としても「定期的な運動」が挙げられています。     ま...
08/28
学園ニュース
第3回の公開講座のテーマは、『学ぼう!TX講座』 守谷市在住の小学4年生~6年生および保護者15組にご参加いただきました。   みなさんが体験された貴重な内容を紹介していきまーす♪ 少し長くなりますが、お付き合いください!!   9:30 守谷駅改札口に集合 ピンク色の帽子をいただき、いざ出発   その前に、、、 駅の構内にある守谷講習室へ移動して、TXについてのお話を聞きました。            なんと!総合基地が守谷市にあるというのに、守谷での総合基地見学の開催は初めてだとか、、、 つくばみらい市や流山市はすでにおこなっているそうです。       今年で開業17年で、様々な取り組みをおこなっているTXについて、みなさんも学びましょう     さて!ここからクイズです。一緒に考えてみてください。       Q1 TXで一番長いロングレールは何㎞あるでしょうか? ↓ 写真の①~③のうちどれでしょう? Q2 電車が一番電気を使うときは? ↓ 写真の①~③のうちどれでしょう? Q3 1回の洗車でどのくらいの水を使っているでしょうか? ↓ 写真の①~③のうちどれでしょう? Q4 TXがSDGsでおこなっている環境への取り組みはどれでしょう?   ...
朝夕が少し過ごしやすくなってきました。 もう夏も終わりですね、まだ暑い日があるでしょうが。。   まちづくり協議会コース第6回は「地域課題の発見と対応推進方法」 4回にわたって講座があり、ウニベルシタスつくば代表幹事の徳田さんが講師です。     一回目は、「企画を立てる」ための考え方と技術。     自分が思い描く理想の地域づくり→現状をつかむ→そこから問題(原因)をあぶりだす。 そして、どうしたら良いか課題(問い)を明らかにしていき、解決策を考えていく。 理想と現状のギャップの部分が問題ということでした。   2人組になってお互いにインタビューして課題を探していきました。 わたしも参加することに^^; 最初はインタビュー⁈5分間も話すことない!と焦りました。 しかし、はじまってみたら、あら不思議。 聞き手の方のおかげか、どんどん会話が弾んでいきました。 5分間があっという間です。   自分の身近な地域のことを考えて話していくと こうしたいな、ああなったらいいな〜と具体的な事が頭に浮かんできます。 まさに今の状態と原因が分かってきました。 言葉にして話して聞いてもらうことで、たくさんの気づきや発見がありました。 話すって会話...
08/23
学園ニュース
第5、6回のテーマは「守谷市の気になるところマップづくり」です♪   今回は伊藤先生とは、オンライン越しでの開催となりました。   つーラボスタッフの馬場さんからGoogleマップ「マイマップ」の機能を使用して、 守谷市内の気になるところにピンを立て、写真やコメントなどを掲載する方法を教わりました。     ゼミ生共同で、楽しいマップを作成し、市民のみなさんのお役に立てたらと思います! まずは、次回までに練習用共有マップで使い方に慣れることと、気になるところの写真を撮ってくることが宿題です   みなさんだったら、どこが気になりますか? 歴史ある場所や有名なお店、おもしろい人なども探せたらと思います♪      
08/21
学園ニュース
猛暑が辛い今年の夏ですが、少しは暑さが和らんできたような気がするこの頃です。 今週末は守谷を知るコースの第6回の講座がありました。   「守谷市の都市計画とまちづくり」 市役所都市計画課の出野さんがお話を聞かせてくれました。     昭和30年に守谷町と高野村、大野村、大井沢村が合併しました。 昔は4つに分かれていたのですね。   その後、市街区域や工業地域と整備されていき、、 北守谷、南守谷、パークシティ守谷(みずき野)、乙子高野地区(美園)、守谷駅前、松並青葉の順に出来て来たそうです。 今の市役所は平成2年に移転、それ以前は現在の保健センターに町役場がありました。   地図を見ながら昭和の守谷町から現在の守谷市の変わった様子を知ることができました。 昔を知っている人はこの発展した様子に驚いているのではないかなあ。。   やはりつくばエクスプレス開通が大きいのでしょうか。 都内までのアクセスがかなり便利になりました。     今も新しい検討事業があり、常磐道の守谷スマートインターや新守谷駅周辺の土地区画整理事業が進んでいるそうです。 常磐道で都内から帰って来る時に守谷SA辺りで降りれたら!とずっと思っていたので個人的...
08/14
学長ブログ
 8月11日の発表によると、守谷市のコロナ累計感染者数は7950件だそうです。8月の市民人口70239人をこの感染者数で割ると、8.8人になります。つまり、8.8人中1人が感染したことになります。守谷市の家族構成は平均2.4人/家なので、4軒中に1人以上は感染したことになります。市内では、向こう3軒両隣に1人以上の感染者がおられたとしても不思議ではありません。無論、自分自身を含めてです。    日本全体での累計感染者数は約1510万人です。日本人口は1億2560万人なので、8.3人中1人が感染しています。守谷市とほとんど同じ水準です。こうなると、もう他人ごとではなくなりました。ご近所、知人・友人、身内に感染者が誰一人いない、という日本人はいなくなった、と言えるでしょう。    こんな時代を経験するとは思いませんでした。カミュの小説「ペスト」が書かれたように、今度は「コロナ」という小説を準備している作家がいるかもしれません。思いもよらぬこの時代をどのように過ごしてきたか、また、この先をどう生きたか、小説でも読んでみたいですね。私としては、「コロナ後」を考えたいです。まず、コロナは必ず収束する、或いは、インフルエンザや普通の風...
08/08
学園ニュース
守谷を知るコース第5回目は 企業紹介「(株)前川製作所 モノつくり、人つくりの歴史」 前川製作所の村上さんがお話を聞かせてくれました。   前川製作所と言えば、ふれあい道路沿いに広大な敷地を持つ会社です。 守谷ハーフマラソンの駐車場やドクターヘリの発着などにも協力されています。  なんと敷地は七万坪で東京ドーム5個分だそう! とても広いので出勤時は駐車場から事務所に行くまで何分かかるのだろうと思いました。   そんな前川製作所はいったい何を作っている会社なのか? 簡単に言うと業務用の冷凍機や冷凍・冷蔵プラントを作っているそうです。 冷やす専門家的な感じ⁈  遠洋漁業船に設置されている凍結冷凍庫はマグロを瞬時に冷凍して新鮮なまま港へ。鶏肉の骨や豚肉のもも骨を取り出す脱骨ロボットは「トリダス」「ハムダス」とシャレのようなネーミング。空港近くには肉、魚、野菜など食品を入れる巨大冷蔵倉庫。 さまざまな部分で社会と繋がり、私たちの生活に関わっている会社なんですね。      前川製作所は1924年創業で今年98年を迎え、2024年には100周年だそう。 本社は東京深川にあり、守谷工場は1970年まだ何にもなかった守谷町に出来たそうです...
~地域コミュニケーションに参加しよう~ 今回は「地域貢献ボランティアに参加してみませんか?」というタイトルで、守谷市内で活動するグループの紹介が行われました。   まず最初に守谷市民活動支援センター長の高橋さんより、センターの役割が市民と行政の中間支援組織であり、現在の登録団体は93団体になっていること。およびセンターの啓発活動について具体的事例をあげて紹介されました。  
08/03
学園ニュース
今回は、伊藤先生とつーラボメンバーの槙田さんと、守谷高校3年生の学生さん (5人)にご参加いただきました。   高校生の皆さん、緊張されているようでしたが、自己紹介から始まり、 少し和やかになったところで、、、   まずは、槙田さんから、現在研究されているという “SDGs・里山・気候変動から考えるグローバルとローカル” という内容で、ご講義いただきました。 持続可能な世界を我々の手で守り、作り上げ、後世に引き継いでいきましょう! 守谷市にある資源をみなさんで守り、更には孫の世代へ   続いて、学生さんとの意見交換。 若い人の意見を聞ける、貴重な機会なので、たくさん聞いちゃいました! 率直にご回答いただき、ありがとうございました。   ぜひ、みなさんも下記の質問について考えてみてください 守谷市の良いところ、悪いところ 普段どんなところで、何して遊んでいるの? 市外の人にお勧めしたいところは? 守谷市に欲しい施設は何? どんな町だったら住みたい? 守谷市に今後も住みたい? などなど。 ちなみに、学生さん5人とも、今後も生まれ育った茨城県内に住みたいとのことでした。     次回は、守谷市の気になるところマップを作成し...
公開講座 『人口減少時代のまちづくり』が開催されました。猛暑の中、講師の福嶋裕彦様、熱心にお話しをして頂きました。聴講生も聞き入っていました。        1.人口減の中での人口奪い合い? 子供を産む世代人口の減少→出生率があがっても人口減に 2.人口減の中でみんなが幸せになる、持続可能な仕組みに変えよう エネルギー/公共施設/インフラ/医療、介護etc.  ⇒うまく小さくして質を高める。 3.市民も行政も変わる必要 市民参加を進化させる 有力団体の代表⇒公募⇒無作為抽出 4.徹底して市民起点でかんがえる 全国初の市民主催無作為抽出された市民による「自分ごと化会議」in松江の紹介             性急な結論は求めない。 市民によるシナリオ無し議論 「どちらが正しいか」なら、専門家の議論の方がレベルが高いかもしれない。しかし「どんな社会で暮らしたいか」の議論は市民にしかできない。 本講座では、自治体は、市民一人一人の思いから出発し、市民の合意で社会をつくり、まちづくりを行っていく、と勉強させて頂きました。  
07/26
学園ニュース
先週おこなわれた市民科学ゼミは参加者6人で、伊藤先生とはオンラインにて画面越しでの開催となりました。     伊藤先生から、今年4月に立ち上げられた、   つどう    つながる     つむぎだすラボ 略して「つーラボ」についてご説明いただき、 他のスタッフの先生方をご紹介くださいました。 つーラボとして、初めてのお仕事が「もりや市民大学」とのこと、光栄です   今年度の活動計画として、「守谷の気になるところマップづくり」や「ライブストリートインタビューの方法論」などご提案いただきました。 何だか、わくわくする学びです♪ (ちなみに、投稿者の松もゼミ生です)   今年度のゼミにおける目標について、各自で意見を出し、それぞれのゼミ生の夢や希望などをお聞きすることができました。 どこまで実行できるか楽しみです!! 決定したら、みなさんにご報告します   次回は、守谷高校の学生さんが参加され、いよいよ活動が開始します! 乞うご期待
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}