新着情報
RSS2.0
暑い日が続く中、第2回の講座が開催されました。   「まちづくり協議会イントロダクション・後半」 まちづくり協議会の課題と今後の展望を各まちづくり協議会メンバーがパネルディスカッション。 9つあるまちづくり協議会から5つの地区の代表者が各まちづくり協議会のお話を聞かせてくれました。     ★高野地区まちづくり協議会 高野、鈴塚、乙子、松ヶ丘、けやき台、美園 (ジョイフル本田や西友楽市あたりを中心とした地区)   今年の主な活動は福祉や防犯、グランドゴルフや健康講座を開催。 ゴールデンウィーク前後には遊歩道や公園に鯉のぼりを飾っており住民に好評です。 利根川沿いの河川敷に彼岸花や花桃を植えて雑草・倒木の除去なども行なっています。 地域の課題を解決するためにプロジェクト毎の活動から地区毎の活動に変えて行くそう。     ★守谷B地区まちづくりふれあい会 岩町、原、岩東町、北園、大原、清水、原本町、栄町、松並青葉東、松並青葉西、レーベン守谷松並 (守谷駅周辺)   昔ながらの地域と新しく転入してきた地域で構成されているため、年齢差があります。 去年、防災防犯チームと親睦交流チームに分けて活動し、あいさつ運動や地区敬老行...
長寿時代の豊かな豊かなシニアライフを考える ~自分らしい第2、第3ステージの生き方~     第2回目は前回の振り返りと、自分らしく豊かなシニアライフを送るための目標設定をしました。 まず、4つの生きがいマップについて教室学生はペアで話し合い、会場での講義に参加できないオンライン学生は、オンライン学生同士のグループラインで話し合いをされました。 4つの生きがいマップとは、第1回の講座で書き出した以下の項目です。 ・好きなこと(どんなところが好きなのか) ・得意なこと(なぜ得意なのか) ・必要とされていること(誰の役に立てるのか) ・有償・無償で仕事になること(何ができるのか)     自分の生きがいマップを書くことで自分の在り方・価値観・特長が確認できて「生きがい=生きるはりあい」をつかむ手がかりになり、「生きがい=生きるはりあい」がある人は約2.4倍アルツハイマー型認知症になりにくいというデータもあるそうです。 また、自分を取り巻く環境や関係者とのつながりや関係性(無形資産)を改めて考えてみることは、自分らしい生き方の実現になるとのこと。     講師の須賀先生は、「豊かなシニアライフ宣言(目標設定)をす...
06/26
友の会ニュース
はじめまして。 「もりや市民大学友の会」は、会員同志の親睦を深め、もりや市民大学の運営を支援し、もって地域の発展に寄与することを目的とし(友の会会則第2条) 受講生、修了生、聴講生、運営委員、講師など、もりや市民大学に関わりのあった者で、会の目的に賛同する者を対象としています(友の会会則第4条) これから「友の会だより」をこのブログでも発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。   2022年友の会だより6月No27 .pdf
先日の公開講座の裏話です!   講師の藤原敬先生は、宮﨑学長のご友人だそうです♪ 学生時代は、東京大学農学部に所属し、森を育てる側と、切り開いて開発を進める側で 対立関係であったとか、、、 久しぶりに再会され、今回の講座が叶ったそうです。   講座は、3部構成で話が展開していました。 参加者の皆さんに藤原先生からのご質問!! 「どの話題に興味がありますか?」 1、カーボンニュートラルについて 2、森林や木材の役割 3、地球環境問題へ守谷市民のできることとは? 今回の参加者は、「1」と「3」が多かったです。 ちなみに、松丸市長は「3」に手を挙げられていました。 (まあ、そうですよね!!)   今回の松丸市長のご参加は、公務ではなく、ご本人のご希望で参加されていたようです! 藤原先生から参加者へ「守谷市のカーボンゼロシティの取り組みなどを知っている方?」の ご質問には、2割くらいの方のみ手が挙がっていました。 その後の市長のご挨拶では、 「守谷市の緑をいかに守っていくか?活動内容をもっと発信し(反省。。。)、市民と一緒に活動を進めていきたい!」 とのお言葉がありました!     守谷市民としては、グリーンビールを食し...
06/22
学園ニュース
公開講座 カーボンニュートラルを語る 前日より準備が始まり、19日は日曜日の午前中より沢山の方にお集まり頂き、 公開講座が開講されました。 [持続可能な森林管理]で東京大学博士号を取られた、藤原敬氏を講師に迎え、'カーボンニュートラルな社会と森林や木材の役割-地球環境問題へ守谷市民の出来ることは?'というタイムリーな話題で講義をして頂きました。   本日の講座では、松丸修久市長が聴講されました。最後には守谷市での取り組みについて、グリーンインフラ大臣賞守谷市(守谷市の土地の利用と市民と森林のかかわり)、東京ガス、東部ガスとの包括連携協定の締結、など貴重なお話しを頂きました。https://www.city.moriya.ibaraki.jp/smph/shikumi/project/zero-carbon/kyoutei_nuetral.html 筆者の個人的関心では、身近で、守谷小学校新校舎建設で75%で木が使われた事、木材利用が温暖化緩和機能だけでなく、たくさんのよいことが、という点でした。    
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}