新着情報
RSS2.0
  実践小旅行第1回 今年初めてのいきいきシニアコースは「楽しい旅行をするために」と題し、国内旅行業務取扱管理者をされている飯嶋章さんの講座で3回に亘っての開催です。     今回は事前に参加者の方々にアンケートをお願いし、その結果をもとに話が進められました。       国内旅行の参加者は、2019年に5,400万人⇒2020年には3,390万人になり、 その後もコロナ禍の影響で減少しているものの旅行にかける費用は、 国内旅行で一人あたり 6.5万円(2020年)⇒6.6万円(2021年)となり うち日帰り旅行では一人あたり 16,589円⇒17,564円になったそうです。     誰と旅行に行くかという講座事前アンケートでは ①仲間 50% ②家族 38% ③一人旅 6% ④団体 6%  という結果でした。                               また旅行の目的としては ①観光 ②温泉 ③神社仏閣 ④食事 ⑤歴史・・・の順で、 やはり気心知れた仲間(10人以下のグループ)との観光が多いようです。     特に印象に残ったのが、夫婦旅行について 現実は「喧嘩と旅行の悩みはセット」であり、旅行先での目的(趣味)の違いで見学時の行動時間が異なり、せかしたりして喧嘩...
01/16
学園ニュース
年明けして早いもので、もう半月が経ちました。 本年もどうぞよろしくお願い致します!   守谷を知るコースも残るところ、あと3回。 15回目は、経済「友達に伝えたくなる守谷の楽しみ方」 ご当地ブロガーのtorishinさんがお話を聞かせてくれました。   まずは自己紹介からスタート。 本名や今までの経歴、現在のお仕事まで紹介していただきました。 現在は防災のお仕事に就かれているそうで、防災についての動画を見せてくれました。 頑張らない防災、日常に取り入れられる防災っていいですね。   今回の講座は資料はなく、先生のお話と受講生との会話で進められていきました。 「守谷の楽しみ方は?」など質問が飛び交います。 守谷といえば、特産品とも言える「ミルク工房もりや」の飲むヨーグルト、ただおいしいと飲むだけではなく、背景にある大八洲開拓史を知って飲んでみては⁈とおすすめ。 「アサヒビール工場」は圏内最大級の広さのビール工場であり、工場見学があるので守谷に遊びに来た時には紹介したいスポット。   実際、先生は仲間のブロガーさんを集めて「守谷を楽しむツアー」を三回開催したそうです。 都内から近く自然がたっぷりある守谷は、便利で自然...
01/15
学長ブログ
 関東地方は天気に恵まれた静かな正月を迎えることができました。しかし、その後のコロナ感染拡大第8波の動向を見ても、世界の政治動向に目を転じてみても、素直に「おめでとう」と言えない事態が進んでいます。自然環境から社会情勢まで、地球全体が変わりつつあるような不安が増しています。さらに、急速に進む様々なサービスのデジタル化にも戸惑いを隠せません。  先日、あるクレジットカードでの購買決済をしていた時、どういう訳かそのカードが受け付けられなくなりました。いろいろ試してみても拒否されます。そこで、そのクレジットカードに記載されている問合せ電話番号に電話しましたが、何度試みても「ただいま大変込み合っております」という自動音声メッセージのみで、生身の人間に対応してもらええません。繰り返しトライしたのち、ついにあきらめて別のクレジットカードで決済しました。似たような経験は他にもあります。知人から受け取ったメールに添付されていたファイルがどうしても開けないので、そういう困りごとの相談Webサイトを開き解決策を教えてもらいましたが、試行錯誤の結果、解決しませんでした。やむなく、ファイル形式を変えて頂くよう依...
2022/12/19
学園ニュース
『守谷の開発史』 豊谷 如秀 氏(元守谷市教育委員会教育部長)による講義がありました。 アサヒビール茨城工場(守谷市)が建設に至るまで、 つくばエクスプレスの開業など、興味深いお話をして頂きました。 60年以上にわたる守谷の軌跡が要約されたプリントが配られました。                       アサヒビール工場建設地の地元の方々とのご苦労などもお話しして下さいました。
2022/12/15
学園ニュース
昨夜は、双子座流星群を見れましたか? わたしは大きな流星を一つだけ見れました!   守谷を知るコースは13回目、 今回は経済・国際政治経済講座でした。 「最近国際政治経済情勢と今後の展望」   常陽産業研究所のチーフエコノミスト・尾家啓之さんがお話を聞かせてくれました。     アメリカの大統領選挙の最新の中間選挙状況や基本的なお話。     各国の金利などのグラフ。    最近の物化情勢についてのお話。       来年の見通しとしては、引き締め政策が続き、経済は厳しいそうです。 日本を取り巻く経済状況も横ばいではないかとお話されていました。  難しい話は分からないわたしですが、いろいろ値上げばかりで買い物カゴに入れるのを躊躇することが多い一年でした。        
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}