市民大学ブログ 新着
RSS2.0
いきいきシニアコースがスタートしました。 今年度の参加者は27人です。 初めに簡単な自己紹介をして進めました。   第1回は「高齢期のこころとからだの健康づくり」ということで、筑波大学教授の水上勝義先生にご講義いただきました。     運動とメンタルヘルス、認知症予防、睡眠、フレイルなど盛りだくさんの内容で、とっても勉強になりました。     その中でも、睡眠に関しては、すぐに実行できそうな内容でした。 慢性不眠障害の診断基準は、下記の通りだそうです。   認知症と関係があるとされているアミロイドβは、睡眠中に脳から排出されるそうです。 したがって、睡眠は大事なのですね。 ・運動は良好な睡眠をもたらす ・30分間の昼寝の習慣がある人は認知症のリスクが1/5になる  (2時間以上ではリスクが上がる) ・睡眠時間が長すぎても短すぎても認知症のリスクが上がる といった研究データが示されました。   健康づくりのための睡眠ガイドが出ているそうです。     さっそく実行したいですね