大学について

【大学設立の趣旨】
 守谷市は、市民、行政、企業、団体等が主体的・積極的に参加する「協働のまちづくり」を推進しています。
この施策を進めるにあたり大きな課題は人づくりです。
大学では、守谷をとりまく環境や諸課題について学び、実践的な講義や議論を通じて意識の共有化を図るとともに、協働の担い手として自らが地域貢献することの意義を学びます。
 

【大学のミッション】
〇協働のまちづくりの担い手育成
・市民の「協働のまちづくり」参加の気づきの場とする。
・市民自らの可能性を広げ,まちづくりに必要な知識や技能を学ぶ場とする。

〇協働の活動の場作り
・市民と市が情報共有し,討論することができる場とする。
・地域社会に貢献できる機会を探すことができる場とする。 

【開校】
平成24年10月(開校式10月13日) 

【学長】
宮﨑 毅(東京大学名誉教授、農学博士、守谷市在住) 

【キャンパス】
市民活動支援センター(市民交流プラザ内) 

【大学の特色】
・地域貢献を目指す市民は誰でも参加でき、学んだ成果が確実に地域に生かされる事を重要視しています。
・守谷の人材を重視し、共に考え教え合う双方向の学習形式を取り入れ、講師は学生に教えるだけでなく対話型で授業を行います。
・子育て中のお母さんが参加しやすいように、受講中は乳幼児を預かる保育ルーム(無料の託児サービス)を開設します。
 お預かり対象は生後6ヶ月以上の未就学児童です。 

【人材育成の狙い】
・ステップアップ型で協働の担い手を育成

人材育成ステップ

 コースはステップアップ型で設計されています。
最初は、守谷市を知ることから始まります。
守谷市を知りことが協働参加の最初のステップという考え方のもとに、市民の皆様に協働のまちづくりの存在や必要性を気づいていただきます。
次のステップとして、まちづくりの課題を深く学習するコースが準備されます。
守谷市の課題をピックアップし、課題ごとにコースを準備します。課題に関する情報を守谷市の内から見た視点の講座、外から見た視点の講座やワークショップを組み合わせることで、課題深堀型の講座になります。
これらのことで、守谷市の課題解決のために、それぞれのレベルにあった協働参加を推進します。

【設立経緯】
平成24年3月に守谷市民提案型協働事業発表会実行委員会を中心に,守谷市自治会連絡協議会,守谷市民活動連絡協議会,公募市民,学識経験者,市職員を構成員とした「もりや市民大学準備委員会」を組織し,大学設立の準備を開始しました。
平成24年10月、「もりや市民大学準備委員会」を発展的に「もりや市民大学運営委員会」と改組。

以降、「もりや市民大学運営委員会」は市民の運営協力を得て、市民と市の協働で大学運営を行なっています。